• LINEスタンプを販売するポイント三つ!

    LINEスタンプは誰でも作れる LINEスタン

    learn more
  • 動画配信で不可欠!視聴分析で判断する視聴者の傾向

    年齢に関して分析!どの年齢層の視聴者が中心化を

    learn more
  • パソコンが壊れちゃった!?データを守るために抑えておくべきポイント!

    パソコンには大事なデータが色々詰まっている!

    learn more
  • 敷金・礼金・仲介手数料って何!?部屋を借りるときの初期費用について

    賃貸の初期費用っていくらかかるの? 賃貸の部屋

    learn more

LINEスタンプを販売するポイント三つ!

LINEスタンプは誰でも作れる

LINEスタンプはその気があれば誰でも作ることができます。登録もプロ・アマチュア関係なくすることができます。スタンプは40コで1セットで、40コ分のデザインを考えることができればクリエイターズスタンプとして登録を申請することができます。申請は基準がありますが、それさえ満たしていれば販売可能です。何かひっかかる箇所があった場合、指摘をしてもらうことができます。パソコン上で絵を描くスキルか、アナログで描いた絵をデジタルに取り込むスキルがあればスタンプは作ることが可能です。ポイントとしては著作権に引っかかるようなデザインはだめで、オリジナルなものである必要があります。また、公序良俗に反していたり、過度にリアルな暴力が描かれているスタンプも向いていません。会話の中で楽しく使えるようなデザインにすることがポイントです。

イラストはシンプルでわかりやすいものを

誰でも登録できるLINEスタンプですが、人気の出るものを作りたかったら一工夫必要です。スタンプはLINEの画面上で使われるものなので、シンプルでわかりやすいものがよいです。スタンプの大きさも決まっているので、あまり細かいデザインだと見づらくなってしまいます。会話の中でパッと目に入り意味がとれる簡単なデザインが適しています。文字入りの場合、文字は大きく読みやすいことが大切です。また、イラストの主線は一本できれいにひかれている方が見やすいです。何本も重なっているのは汚く見えてしまいます。

ガイドラインに沿ったものを作る

LINEスタンプのデザインにはガイドラインがあります。そこから逸脱したものだとリジェクトされてしまうので、注意する必要があります。まずは縦横の寸法からはみ出さないようにします。また、寸法内でもあまり小さな画像にしないほうがよいです。小さいと、ラインの販売画面で見づらくなってしまうからです。寸法内に収まる範囲で画面いっぱいのデザインにすることが有効です。ほかにも、反社会的な内容や、リアルな暴力描写のあるものは避けた方がよいです。

LINEスタンプとは、メールアプリであるLINEで使用できるもので伝えたい言葉や感情をお気に入りのキャラクターで伝えることができるアイテムです。

動画配信で不可欠!視聴分析で判断する視聴者の傾向

年齢に関して分析!どの年齢層の視聴者が中心化を分析

インターネットサービスの一貫として、動画配信サービスが魅力的です。動画が自由にインターネット上で公開できるようになり、多くの人へのより臨場感ある情報公開が可能となりました。動画配信サービスを利用して動画を公開する場合に、試聴分析が一般に行われつつあるのです。視聴者の傾向を掴む上で手掛かりになるのが、年齢です。子供や大人など、年齢によって動画に対するニーズが異なる事から、配信する動画の内容も視聴者に合ったものを選場なければなりません。

性別で代わる!?視聴分析に表れる男性と女性の傾向

動画に対する関心は、男性と女性で大きく異なります。性別に関する視聴分析を行っておけば、今後配信する動画のテーマを視聴者のニーズに合わせて選べます。またあるいは、男性や女性に等しく人気があるジャンルを選び、満遍なく支持を受けることも判断のうちです。男女それぞれの性別に特化した動画コンテンツを配信するか、あるいは万人に受け入れられるような普遍性を持つテーマを扱うかは、得られる情報と動画製作者の考え方次第です。

視聴される傾向を調査!視聴分析で見える人気の傾向

インターネットは双方向性のメディアであるため、動画配信の視聴者はどのような動画を見るかを自由に選択できます。そこに、視聴者ごとの趣向が表れてきます。視聴分析すれば、特定の視聴者がどのような動画を好んで視聴しているかが、次第に分かってきますね。視聴分析を通して、人々が興味を持つテーマが見えてきます。動画配信のためのコンテンツ作成においても、より人々のニーズに合った動画制作のために、試聴分析が役立ちます。

ストリーミングとはネット上にある音声や動画などのファイルをダウンロードしながら再生をすることを指します。大きなファイルの場合、ダウンロードに時間がかかるのですが、これだと待ち時間が短いです。

パソコンが壊れちゃった!?データを守るために抑えておくべきポイント!

パソコンには大事なデータが色々詰まっている!

パソコンには、色々と大事なデータが詰まっているんです。仕事で使っている人なら会社の大事な資料、個人で使っている場合にも、中には個人情報などが詰まっている事が多いんです。パソコンが壊れてしまい、そういったデータがなくなってしまうと本当に困りますよね。そうならないためにも、普段からデータを守るために色々な事に気をつけた方が良いですね。またパソコンを修理に出す前にも、やっておきたい事がいくつかあるので、そういったポイントをしっかりと抑えておきましょう。

修理に出す前にはバックアップをしっかりしよう!

パソコンが起動しなくなってしまった、最近調子が悪いといった場合、パソコンを修理に出す事があると思います。そういった時に必ずやっておいた方が良いのが、データのバックアップなんです。修理に出すと、パソコン自体を初期化する事が多いので、入っているデータが消えてしまう場合があります。壊れてしまってからだと、バックアップを取れない場合もあるので、普段からこまめにバックアップをとるクセを付けておいた方が良いですね。大事なデータを守るためにも、この苦労は惜しまずにした方が良いですよ。

ハードディスクが壊れてしまった!データは戻るの?

パソコンが壊れてしまった場合、一番困るのが大事なデータが消えてしまう事ですよね。特にデータを記憶しておくハードディスクが壊れてしまうと、それこそ一大事です。しかし、簡単に諦める必要はないんです。最近はデータ復旧サービスなどがあり、壊れてしまったハードディスクから、データを救いだしてくれる業者さんもあるんです。なので、ハードディスクが壊れてしまったら、まずこういった業者さんに相談してみると良いですね。ただし、必ずデータが復元出来るわけではないので、こまめなバックアップはやっぱり大切ですね。

パソコンの修理はエアダスターや専用工具が必要になりますので、1週間以上の時間を掛けてじっくりと修理してもらうと安心できます。

敷金・礼金・仲介手数料って何!?部屋を借りるときの初期費用について

賃貸の初期費用っていくらかかるの?

賃貸の部屋を借りるときは、初期費用として家賃の4~6ヶ月分がかかるのが一般的です。たとえば5万円の家賃の部屋に住もうと思ったら、20万~30万円の初期費用がかかるという計算になります。その内訳は「敷金・礼金・仲介手数料・前家賃」というもので、簡単に区別すると(前家賃は前もって支払うべき家賃なので別にして)敷金は基本的に退去時に戻ってくるお金であり、礼金と仲介手数料は戻ってこないお金です。ちなみにこれらは不動産屋へ支払う費用ですが、実際に引越しを行う際は、引越し業者に依頼する費用や新たに家財道具を購入する費用なども考慮する必要があるでしょう。

敷金・礼金・仲介手数料って何なの?

「敷金・礼金・仲介手数料」についてさらに説明すると、「敷金」は一種の保証金という性格を持っているもので、家賃の滞納や、部屋の修繕費などをあらかじめ担保するという目的があり、「礼金」は大家さんへのお礼で、「仲介手数料」は不動産屋に支払うお金という意味のものになります。また関西地域などでは、敷金の代わりに、あらかじめ一定の金額が引かれることを前提にした「敷引き」という制度が設けられていることもあるため、地域ごとの習慣に違いがあることも注意すべきでしょう。

敷金は部屋を出るとき戻ってくるの?

敷金は、家賃の滞納や部屋に重大な損害を与えてしまうなどのトラブルがないかぎり本来戻ってくるお金です。しかし部屋を借りる側は「原状回復義務」というものを負っているため、退去時にリフォーム代として清算された上で、その残金が戻ってくるというケースが多いようです。しかし最近では、国土交通省のガイドラインに示された「自然消耗分は部屋を貸す側の負担」で「故意・過失による消耗は借りる側の負担」という考え方が主流になっていると言われています。ただし契約時に、畳の張替えやクリーニングを了承している場合はそれに従う必要があるので注意しましょう。

賃貸管理システムは、住宅賃貸の契約や入金などの業務を迅速に処理する目的で利用するソフトウェアのことを言います。

プライバシーについてあれこれ調べてみる!

プライバシーマーク制度について

プライバシーマーク制度というのがあります。事業者が個人情報の取り扱いに関して、適切に行う体制を整備していることを認定して、そのことを示すプライバシーマークの使用を認める制度です。デザインのコンセプトは個人情報の英訳「Personal Information」の頭文字の「P」と「I」から採られています。この二つを頭文字を組み合わせて、それを楕円形で囲っています。個人情報が保護されているというイメージを象徴したマークです。

個人情報で保護されるのは何?

個人情報とは、個人を特定する手がかりとなる情報の事です。特別な場合を除いて一般に公開されないプライバシーの事です。個人情報に含まれるのは以下の物になります。住所、氏名、年齢、生年月日、電話番号、学歴、職歴、勤務先、クレジットカード番号、病歴などです。中でも財産や負債に関する個人の信用情報や、信仰、思想、本籍地、犯罪歴、人種などは特に注意しなくてはならない情報です。これらはセンシティブ情報と呼ばれています。

個人情報が守られる時代

近年個人情報が守られる時代になってきました。たとえば病院です。病院によっては、名前で患者を呼ばないところも増えてきました。入院患者でも、希望があれば病室入口に名前を載せないようにすることができます。そのばあい主治医の名前が載る事があるようです。またお医者様には個人情報を保護する義務があります。症例報告においても個人が特定できないように配慮が必要になっています。たとえば、氏名は伏せる、顔写真を使うときは目の部分をかくす、などです。

シュレッダーとは、対象物を切断・破壊する機械の総称です。家庭では、不要になった個人情報等の記載がある紙を裁断します。

ホームページのデザインは何でもありの世界!その内容とは?

よく見られるホームページのデザインが多い理由

一般的にホームページのデザインの中に、よく見られる姿がありますよね。上にメイン画像とタイトルを持たせ、左サイドに項目、中央に本文、右サイドに広告を持ち合わせているデザインです。このデザインが多く見かける主な理由は、不特定多数の方に無料で提供されているブログや、web制作の入門書で紹介されている物であり、多くの方に利用してもらう目的があっての事ですよ。つまり、強い特徴を持たせない方が、多くの万人が利用してもらう可能性が高く、お金を支払ってweb制作依頼する方も、webサイトとはこの様な姿形だと思い依頼を行うため、ユーザーが多くの場所で目にする理由に繋がっている物と言えます。

写真や風景をそのままweb制作に利用する事も可能

リンク文字と言うのは、ボタンの様な役割があり、リンク文字を押す事によって変化が現れる物ですよね。この世の実社会には、ボタンとなる様な内容も多くあり、極端な話し、自動販売機の画像をそのまま利用して、ボタンの場所のみをリンク画像に変える事もできますよ。つまり、何でもありの世界であり、例えば、レストランであれば、実店舗で利用しているメニューをそのままwebサイトに利用して、扱う事もできます。これは、実際に印刷をしてもらえれば、メニューを手元に置いてもらえる可能性がありますよね。

参考になるサイトが多く存在する

自由な発想とは、考えが求まらず、何から手をつければ良いのか分からなくなってしまう事もありますよね。webサイトは、自由な発想で制作する事が可能であるため、もちろん、世界中の中で既に自由な発想で公開している方々が多くいますよ。それらをまとめたwebサイトもあります。検索エンジンから、変わったwebサイトや、webサイトと言う表現を変えて、変わったホームページなどで検索すれば見つける事が可能であり、一般的に目にしないwebサイトを多く目にする事が可能です。webサイト制作の腕を上げるには、一つでも多くのwebサイトを作り上げ、経験を積んで行く事ですので、思い切った発想でチャレンジして行く思いが大切ですよ。

初心者でも簡単にできるホームページ作成はテンプレートを使用した方法で、好みのテンプレを選ぶだけで簡単にホームページが出来上がります。

経費削減の対象品!?コピー用紙の活用方法

経費削減で対象となるもの

企業の業績が悪くなった場合には経費削減をおこなうことが多いです。その場合に削減の的になるのは光熱費であったり、消耗品だったりします。一番身近で削減しやすい項目であるためです。光熱費であれば使用していないスペースの電気を消したり、また休憩時間に消すような会社もあります。消耗品であれば物の購入を控えたりすることが多いです。消耗品で多くを占めているもののひとつにコピー用紙があり1か月の間での使用量も結構な量になります。

コピー用紙を変えることによるトラブル

経費削減のためにコピー用紙の購入先を検討しなおして、より安い業者から購入したりすることもあります。しかし価格が安いから購入しても、中には従来のコピー用紙と比較すると、紙の厚さが薄くなって両面印刷をすると裏に滲んだり、また紙の色が黄色がかったりするものもあります。それにより発注担当の総務や庶務といった部署が他の部署から文句を言われて、従来のものに戻したりするようなトラブルも発生します。コピー用紙の物自体の見直しにも多少は限界があります。

コピー用紙の使い方とトラブル

一方コピー用紙の使い方を考える会社も多いです。印刷ミスしたコピー用紙の裏面を利用してコピー用紙の購入量を削減する方法です。社内資料を印刷するのであれば裏紙を原則資料するとか、チェックのために印刷する際には裏紙を使用するといったことを社内に周知徹底することで実践することができます。中には裏表を逆にセットして印刷を再度しなおしたり、またホチキスの針をつけたまま裏紙に出して、使用する際にトラブルになったりするケースもあります。

コピー用紙は普通紙と感熱紙があり、コスト重視の場合は普通紙を選んで、発色を重視する場合は感熱紙を選ぶのが基本です。

ウェブ制作は、時代に合わせた内容が最適!その内容とは?

超未来的な内容が決して魅力的と言う訳では無い

ウェブサイトと言うのは、基本的に様々な内容で表現する事ができますよ。超未来的な内容で制作する事も可能であり、映画で表現される様な現代風では無いデザインで行う事も可能です。しかしながら、現代と言う時代に生きている人にとっては、超未来的な内容を求めている訳ではありませんよ。その理由は、人はウェブサイトと言う物を記憶に刻み込み、余りにもデザインが異なる内容は、認識しづらくなり、ストレスを与えてしまう事もあるためです。ですので、先を見通す場合は、数年後先を見通したデザインが望ましく、現在の流行りのデザインに対して、一部分でも残している様なデザインが望ましいと言えるでしょう。

従来に無い、現在流行りのデザインが望ましい理由とは

ウェブサイトのデザインと言うのは、日々変化をしている物であり、時代に合った流行りが必ずと言いまして現れて来る物ですよ。ウェブサイトは数多く存在をして、中には、更新が数年も前から止まってしまっているウェブサイトも多くありますよね。その様な、ウェブサイトの中には、情報が古く、誤った情報や価値の低い情報なども多くあります。たとえ、更新をして最新情報を提供していましても、過去と同じ様なデザインであれば、一瞬見た瞬間に価値の低い内容だと判断される可能性があり、魅力なサービスを提供していましても、サービスの価値を損ねてしまう可能性がありますよ。

時代に合わせたデザインの探し方

時代に合わせたデザインを探す場合は、どの様な参考資料を探していけば良いか分からない事もありますよね。大企業の公式ウェブサイトを拝見しますと、時代に合わせた流行りのデザインで公開している事が多くありますよ。また、見せる事を仕事としています、モデル事務所のウェブサイトも参考にする事が可能です。一般的に、参考資料を集める場合は、ウェブサイトを中心にして集めますが、雑誌や、パンフレット、ポスターなども参考資料として扱う事が可能ですよ。基本的に時代に合わせた流行りのデザインが大切ですが、レトロ感を作り出し、昔を感じさせる手法もあります、この場合は、実際に扱うコンテツがその時代に合った内容であれば最適なデザインと言えるでしょう。

コーディングとは、プログラムを書くことです。又は、音声、画像、文字などのデーダーをコード(特定の)に符号に置き換えることです。

気を付けないと後悔する!?パソコンの上手な選び方

パソコンの選び方を間違えると

パソコンを購入すれば仕事だけでなく、自分の興味のあるブログを見たり、調べたいことを検索できるなどのメリットがありますが、店に置いてあるパソコンの種類は多く、どれが自分に適しているか見つけるのは難しいですよね。しかし、面倒だからといって、適当に選んで購入してしまうと値段が高くても自分のやりたかったことができなくなり、せっかくのパソコンも使わなくなってしまいますよ。そのため、どのように選べばいいのかを知ってから購入することが大切でしょう。

どこで主に使用するかを考える

パソコンの機能や値段も大切ですが、まずどこで主に使うのかを考えましょう。自宅で使うことが多いならデスクトップパソコンにすると、持ち運びは難しいですが、パーツの交換がしやすく、大きな画面を使用できます。自宅以外でもよく使用するならノートパソコンを選ぶと、持ち運びがしやすく、コンセントがない場所でもバッテリーがあれば使用が可能です。ただし持ち運びがしやすい代わりに移動が多いと誤って落とす可能性が増えるので、壊さないように外出時にもっていく場合は注意が必要ですよ。

機能や値段も気を付ける

どこで使用するか決めたら次は機能や値段も見てみましょう。多くの機能が入っていても普段パソコンをそこまで使用しないのなら、機能があまりなく、価格が安い物でも問題ないです。しかし、付属している機能以外も使用したくなった場合は、自分でその機能のあるソフトを購入しなければいけないので、自分がこの先どのくらいパソコンを使うかよく考えます。他にもメーカーの評判やメモリー容量、耐久性などを確認して選ぶと後悔しにくくなるでしょう。

パソコンの通販をお得に活用したい場合には、通販サイトが用意しているウィルスソフトなどとのセット商品を購入する方法があります。

ハードとソフトで考える!パソコンをビジネスで使う時のポイントは?

ビジネスでのパソコン活用シーン

パソコンは個人の生活に密着に結びついてきていますが、最近はスマホやタブレットがあればパソコンはいらないという人も増えてきているようです。しかし、ビジネスにおいてはまだまだパソコンの利用が中心で、タブレットやスマホはその利用シーンの拡大等で補助的に利用されプラスアルファとして活用されているようです。また、パソコンのビジネスでの使われ方も変化してきているようで、データやアプリケーションはそれぞれの端末には入っていない状態での集中管理が主流になってくるでしょう。

ハードとしてのパソコンのビジネス利用のポイント

ビジネスでのパソコン利用について、ハード面から見てみると、パソコンには堅牢性が求められるという特徴があります。物理的に壊れにくく、操作中においてもクラッシュしにくいというのは、その利用目的から見れば当然かもしれません。パソコンがビジネスで使われる前提としては、業務に支障が出ないようなものである必要がありますので、堅牢性が求められるのは当然といえるでしょう。そのため、個人向けに売れているパソコンの機種と法人契約で売れているパソコンの機種では違いがあるようです。

ビジネスに有効なパソコンのソフト

パソコン上で動作するアプリケーションソフトはたくさんありますが、ビジネスで使われるアプリケーションは動作の安定性と広く普及していることが求められます。これは、自社で作ったデータや資料を顧客や得意先に送信した場合でも利用可能であることが求められるからでしょう。そのため、法人利用されるアプリケーションは特定の表計算ソフトや文書作成ソフト等に集中しているという現状があります。そういったアプリケーションソフトの操作を身に着けることがビジネス能力のアップにもつながるでしょう。

中古パソコンは販売店で買うのが良く、CPUの寿命や性能を店員によく質問して購入するのが良い方法です。