ハードとソフトで考える!パソコンをビジネスで使う時のポイントは?

ビジネスでのパソコン活用シーン

パソコンは個人の生活に密着に結びついてきていますが、最近はスマホやタブレットがあればパソコンはいらないという人も増えてきているようです。しかし、ビジネスにおいてはまだまだパソコンの利用が中心で、タブレットやスマホはその利用シーンの拡大等で補助的に利用されプラスアルファとして活用されているようです。また、パソコンのビジネスでの使われ方も変化してきているようで、データやアプリケーションはそれぞれの端末には入っていない状態での集中管理が主流になってくるでしょう。

ハードとしてのパソコンのビジネス利用のポイント

ビジネスでのパソコン利用について、ハード面から見てみると、パソコンには堅牢性が求められるという特徴があります。物理的に壊れにくく、操作中においてもクラッシュしにくいというのは、その利用目的から見れば当然かもしれません。パソコンがビジネスで使われる前提としては、業務に支障が出ないようなものである必要がありますので、堅牢性が求められるのは当然といえるでしょう。そのため、個人向けに売れているパソコンの機種と法人契約で売れているパソコンの機種では違いがあるようです。

ビジネスに有効なパソコンのソフト

パソコン上で動作するアプリケーションソフトはたくさんありますが、ビジネスで使われるアプリケーションは動作の安定性と広く普及していることが求められます。これは、自社で作ったデータや資料を顧客や得意先に送信した場合でも利用可能であることが求められるからでしょう。そのため、法人利用されるアプリケーションは特定の表計算ソフトや文書作成ソフト等に集中しているという現状があります。そういったアプリケーションソフトの操作を身に着けることがビジネス能力のアップにもつながるでしょう。

中古パソコンは販売店で買うのが良く、CPUの寿命や性能を店員によく質問して購入するのが良い方法です。

Comments are closed.