敷金・礼金・仲介手数料って何!?部屋を借りるときの初期費用について

賃貸の初期費用っていくらかかるの?

賃貸の部屋を借りるときは、初期費用として家賃の4~6ヶ月分がかかるのが一般的です。たとえば5万円の家賃の部屋に住もうと思ったら、20万~30万円の初期費用がかかるという計算になります。その内訳は「敷金・礼金・仲介手数料・前家賃」というもので、簡単に区別すると(前家賃は前もって支払うべき家賃なので別にして)敷金は基本的に退去時に戻ってくるお金であり、礼金と仲介手数料は戻ってこないお金です。ちなみにこれらは不動産屋へ支払う費用ですが、実際に引越しを行う際は、引越し業者に依頼する費用や新たに家財道具を購入する費用なども考慮する必要があるでしょう。

敷金・礼金・仲介手数料って何なの?

「敷金・礼金・仲介手数料」についてさらに説明すると、「敷金」は一種の保証金という性格を持っているもので、家賃の滞納や、部屋の修繕費などをあらかじめ担保するという目的があり、「礼金」は大家さんへのお礼で、「仲介手数料」は不動産屋に支払うお金という意味のものになります。また関西地域などでは、敷金の代わりに、あらかじめ一定の金額が引かれることを前提にした「敷引き」という制度が設けられていることもあるため、地域ごとの習慣に違いがあることも注意すべきでしょう。

敷金は部屋を出るとき戻ってくるの?

敷金は、家賃の滞納や部屋に重大な損害を与えてしまうなどのトラブルがないかぎり本来戻ってくるお金です。しかし部屋を借りる側は「原状回復義務」というものを負っているため、退去時にリフォーム代として清算された上で、その残金が戻ってくるというケースが多いようです。しかし最近では、国土交通省のガイドラインに示された「自然消耗分は部屋を貸す側の負担」で「故意・過失による消耗は借りる側の負担」という考え方が主流になっていると言われています。ただし契約時に、畳の張替えやクリーニングを了承している場合はそれに従う必要があるので注意しましょう。

賃貸管理システムは、住宅賃貸の契約や入金などの業務を迅速に処理する目的で利用するソフトウェアのことを言います。

Comments are closed.